カナダ・バンクーバーでワーホリ!憧れ編

こんにちは!Amyです☺︎

今日から、私がワーキングホリデーに来ることになった経緯とバンクーバーを選んだ理由を書いていきます。

高校生でオーストラリアへ3か月の短期留学(そのうち別記事に書きます)を経験した私は、将来絶対に海外にもう一度住むと心に決めて帰国しました。
大学生になったら長期で留学してもいいなとか、
大学を卒業したら働いてお金をためて語学留学しようかなとか夢いっぱいの17歳でした。

大学は英文学科に入学したので、もちろん希望して一定の成績を収めていればイギリスやアメリカの大学で単位を取得できるプログラムもあったのです。
しかしいざ大学に入学すると、やりたいことが一気に増えてしまい長期留学を考える余裕がなくなっていきました。

なによりネックになったのが、私の英語力です。
私、本当に勉強ができないんです。できないから嫌いです。(子どもか)
文法を覚えたり単語を暗記するという能力が著しく欠けているんですね。
大学受験勉強も一応しましたが、始めたのがかなり遅かったのもあって全滅でした。
昔から本を読むことが好きで読み漁っていたこともあり文章を書くことは得意だったのと、元々面接には強かったので(外面いいから)AO入試で受かった大学に進学しました。

そんな状況だったので、長期留学に必要とされるIELTSやTOEFLのスコアが取れる感じではなかったのです。
でも諦めきれず、夏休みと冬休みを利用してカナダのトロントにそれぞれ1ヵ月ずつ語学留学を経験しました。

その後、英語とは全く違う方向でやりたいことができたためそこで私の英語や海外への夢はいったん冷却されました。
海外に行きたい!と再び思うようになったのは、
しばらく日本から出ていなくてどこかに行きたい想いが噴火寸前だったのと、20代後半になり30歳になるまでに何をしたいか考え始めたことがきっかけです。

そして大きな影響となったのが、大学院に通う学生の彼の留学が決まったことでした。
とんとん拍子に手続きが進む彼の横で私はというと、
寂しさとか不安ではなくうらやましいという感情がわいてしまったんですね…

元々海外への憧れが人一倍強かった私が留学をうらやましいと感じてしまったら、もうその気持ちは止まりませんでした。

残りの20代をどう生きるか考えること3か月、
私やっぱり海外に住んで英語で仕事したいわ!!
という思いにいたった1週間後には、諸々すっ飛ばしてカナダ行きの航空券を取っていました。
我ながら潔い行動力、あっぱれ。笑

次の記事でバンクーバーを選んだ経緯や、
他にも検討した国や都市についても書いていきます!

See you soon!

Contact form

2 Comments

  1. ワーキングホリデーしたい!~行先選び編~ – Amy's Travel Journal 2019年12月2日 at 8:31 AM

    […] この記事では前回の続きで私がワーホリ先をバンクーバーに決めた経緯を書いていきます。 […]

  2. カナダでワーホリしたい!~行先選び編~ – Amy's Travel Journal 2019年12月4日 at 1:45 PM

    […] この記事では前回の続きで私がワーホリ先をバンクーバーに決めた経緯を書いていきます。 […]

Leave a Reply